ひのはらアートプロジェクトβ

ごあいさつ

都市と自然と東京

「人新生」ということばに現れるようなのっぴきならない人類のやり尽くすかのような進歩に対して、手触りや独自の創造性が尊ばれる現在。さまざまな人々が、都会の殺伐とした煌めきよりも、山や島や野の包み込む豊かさに可能性を求め、そこから新たなアートやクリエイティブが生れるようになっています。そんな各地で才能が紡ぐ新たな「豊かさ」を、TOKYOの村である檜原でつなぎ、より豊かな郷の可能性を耕しあう最初の一歩、それが「ひのはらアートプロジェクトβ」です。
檜原、八重山、どこでもない郷、そんなさまざまな郷から獲れた「アート」を、里山の中でふれることを通じて、その可能性を多くの方々と共有することができればと考えています。

ひのはらアートプロジェクトβ ディレクター 岡田智博

プロジェクトについて

タイトル ひのはらアートプロジェクトβ 芸術と自然と東京

開催日程 令和3年(2021年)12.18(土)~12.29(水)

公開時間 11:00~17:00 会期中無休

会場 東京都檜原村内特設会場2か所

 「ひざと古民家」会場 檜原村樋里4258番地
 「旧ガラス工場」仮設会場 檜原村小沢4034番地

共通入場料 500円(中学生以下無料・介添者1名無料)

会場交通

【お車の場合】
「ひざと古民家」会場
= 樋里コミュニティセンターの駐車場を利用ください Google Map Link=クリック!
「旧ガラス工場」仮設会場 = 会場入口前に駐車スペースを用意しています

【公共交通機関】
JR五日市線「武蔵五日市」駅より、西東京バス「五18藤倉」行きに乗車。
バス停「小岩」徒歩3分(「ひざと古民家」会場)、同路線・バス停「小和田坂」徒歩2分(「旧ガラス工場」仮設会場)
※JR中央線「新宿」駅から「武蔵五日市」駅まで75分

出展作家:

菅谷杏樹・小城開人・副島しのぶ・池城安武 = 「ひざと古民家」会場
みやちよう・池城安武 = 「旧ガラス工場」仮設会場

企画ディレクション:岡田智博(ブルーオーシャン)

檜原オペレーション:清田直博(アナドロマス)

グラフィックデザイン:池城安武(イチグスクモード)

ロゴデザイン:村松佳樹

主催:一般社団法人ブルーオーシャン

特別協賛:BSフジ『ブレイク前夜~次世代の芸術家たち』株式会社染谷尚人事務所

後援:檜原村

WEB http://hinohara.pro/

お問い合わせ メール info@hinohara.pro 電話 050-5374-2627